薬の服用の正しい知識

服用の際の留意点

  • 必ず医師の指示に従い、規則正しく飲みましょう。自分の判断で薬の量を増減したり、勝手に止めたりしないようにしましょう。

  • アルコールは薬の作用に影響を与えます。出来るだけ控えるようにしましょう。

  • 薬を飲みやすく、また溶けやすくし、吸収を促進させるためにも、コップ一杯の白湯か水で飲むようにしましょう。

「食後服用について」

食後とは、食事後およそ30分を指します。食物が消化器の粘膜を保護するため、胃粘膜への刺激が少なくなり、胃障害を生じやすい薬では、食後の服用が重要となります。 また、食後に薬を服用するもう一つの理由として、薬の飲み忘れ防止があります。 少しでも薬の飲み忘れを防ぐために、食事終了直後の服用となってもかまいません。

「食直前服用について」

糖尿病治療薬には食直前に服用しなければならないものがあります。この薬は、食事の後の急激な血糖値の上昇(食後過血糖)を改善する薬なので、服用が食前30分でも、食後でも効果が減弱してしまいます。したがって、必ず食事の直前(食直前)に服用してください。

「薬を飲み忘れた時には」

薬を飲み忘れた場合には、気づいた時点で出来るだけ早く、飲み忘れた分を服用して下さい。 ただし、次の服用時間がきてしまった場合には、1回分はあきらめ、以降は通常量を指示どおりに服用するようにします。 飲み忘れたからといって、2回分を1度に服用してはいけません。

「薬の保管方法について」

特に何も説明がなければ室温で保存してかまいません。
薬は湿気や光、熱によって影響を受けやすいため、直射日光を避け、なるべく湿気の少ない、涼しいところに保管しましょう。

「お薬手帳を携帯しましょう」

お薬手帳とは、処方された薬の名前や用法・用量、今までに副作用が出た薬の名前などを書いておく手帳のことです。
複数の病院を受診して薬が出された時や、薬局で薬や健康食品を購入する時に、薬の飲み合わせや重複のチェックができるため、より安全な薬の使用に役立ちます。
また、治療の際にも飲んでいる薬の情報が必要となります。
通院時はもちろん、急に何かあった時のために、外出時に持ち歩くようにしましょう。